影響力のある銀座の6人

しました。政権の銀座を図った。

この連帯保証を行った影響力のある6人の大名、徳川家康、毛利輝元、上杉景勝、前田利家、宇喜多秀家、小早川隆景は、豊臣政権の「長老」と見なされた。

銀座)の夏に死の床にあった秀吉は、5人の主要な大名(すでに死んだ小早川隆景を欠いている)を含む彼の息子豊臣秀頼の政治的管理に関与しました。石田三成。豊臣氏からコンセンサス制に任命された。

いわゆる「五大老五奉行」が制度化された。

///

家康は5人の長老の中に突然現れ、豊臣家は家康によって最終的に破壊されました。秀吉は家康にとても用心していたに違いないが、少し甘かったのかもしれない。

家康の力を弱めるために銀座を占領したり、東北地方から遠ざけたりしたら、熱心だったでしょう。

ちなみに、豊臣家の滅亡の原因は家康ではなく秀嗣事件でした。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です