当時も常識だった島根の割り切り

私はスギ花粉症に30年間苦しんでおり、昨年のこの時までに私はすでにマスクを着用していました。

「私は一年中マスクをしていました。」

 

島根 〜割り切り出会い掲示板【情報】

杉の花粉がひどいときは、布と不織布を2層重ねるのが自然です。

「私の常識」…そうですか?自己責任。島根の割り切り

むしろ、マスクが普及したことで、バラエティに富んだマスクが手に入りやすくて嬉しかったし、買ったり売ったりした時は驚き、何も言えませんでした。

そして、自分よりも子供たちのことを心配していましたが、マスクを着用することが新しい基準になったことを嬉しく思います。

「マスクがないと、アーケードやコンビニエンスストアにも入ることができません。」 「車内のマスクを外せるのでいいですね」

大会社の低学年でもそうです。

時代に恨みはありません。島根の割り切り

私たちはマスクですが、マスクです。

正直に聞いた(効果的な)意見と「バカじゃない?」と笑う遊び心のある言葉。

物語ですたった1つのマスクであなたの価値観と意図を理解することができます。

「コスプレに興味はありますか?」\

..島根の割り切り

結婚して子供を産んでバタバタした後、興味を失いましたが、昔はそのままやってほしいと頼まれました☆

当時彼女だった妻がラルクとハイドのライブで着ていたライブスーツは、すでにコスプレの分野にありました(笑)。

カテゴリー: 島根

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です