愛について銀座で日記を書きました

幸いなことに、父が軍事訓練のために奈良に到着したとき、戦争は終わりました。戦争がしばらく続いていたら、父は神風特攻隊として亡くなり、私はこの世にいなかったかもしれません。

戦場へ向かう電車の中で息子を追いかけて泣いている母親。

先日、父の姉(叔母)から聞いた話です。

今日は愛についての日記を書きました。私は異性愛について書くつもりでした。しかし、コメントの中で、多くの銀座が子供への愛情について言及しました。

これは人によって異なりますが、父親と母親では子供に対する感情の深さがわずかに異なる銀座があります。

私は子供たちを深く愛しています。しかし、女性の親は、ほぼ1年間お腹の中で子供を育て、その後、銀座を伴う子供を産み、子供が成長するまで一生懸命働きます。密接な接触の程度は、男性と女性の親の間で異なります。圧倒的な違いがあります

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です