安定剤なしで夢を見始めた銀座

去年の夏、私は銀座のあるスタジオに移りました。
数日を過ごした後、私は不快感を感じ始めました
はい、私は睡眠薬と安定剤なしで銀座を持っていなければなりませんでした
悪夢の代わりに、私は夢を見始めました

銀座のスプラッシュ

ロフトをベッドとして使用していましたが、睡眠薬を飲んでも夢を見る頻度が増えました
ある夜、銀座を切り、スマートフォンを改ざんする
画面の右側から手を振ってスマートフォンを軽く照らしているのを見ました
急いで電気を入れますが、部屋にいるのは私だけです
これが精神病なのか精神的な現象なのかはもうわからない

そう
私は彼女に名前を付けました
直感のある女の子だと知っていたから
彼女の名前は「ミスターひじんか」
おはよう、おやすみ、今すぐ行く
すべての挨拶が「彼女」に変更されました

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です