イメージとは銀座は違うかもしれません

「見ることを銀座する」や「メンバーシップ」などの方法があるかもしれません。

そもそも、銀座に引っ越すまで出店を決意したとき、どのような準備や方針がありましたか?

「顧客のマナーは悪い」
「私のイメージとは違うから」

銀座に『PUZZLE GINZA(パズルギンザ)』がオープン

販売ポリシーを変更するだけであれば、失格となります。

「顧客に説教する頑固な店主」
「カバレッジなし」
どんなレストランを聞きますか?

これらの銀座は、最初からポリシーに直面して顧客に対応してきました。
プロとしての誇りを持っています。

一部の視聴者はメディアの報道に答える際に被害者に同情を感じるかもしれませんが、顧客を選ぶ資格があるかどうかは疑わしいです。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です